FC2ブログ

Wan's Life

-kuni ash max と bun -

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

TOPIC

  • 2013年10月26日正午 ashが虹の橋を渡りました。

    生前仲良くして下さった皆様、本当にありがとうございました。

    ashという長男犬がいたことを、どうかいつまでも忘れないで下さることを願うばかりです。

    今後は、次男犬のmax どうぞ仲良くしてやって下さいませ。   kuni&bun&天国のash

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

おちおち言えませんな~(笑) 

昨年の友人からの喪中のハガキが過去最高でした。
ふと思うと自分の年齢からしても両親も高齢になっていて、縁起でも無いと怒られそうですが、喪中のハガキが増えたことで改めて、もうそういう年齢になったんだな~と実感。
かな~り実家には帰っていないので、wanがいるのでせめて私だけでも来週の連休に帰ろうと思っていたのです。

そして実家に帰ると連絡をしていなかったので、今日電話をしました。
すると母は不在で父だけだったのです。
これが事の始まり~、ケッケッケ。

うちの母は「象の体格ノミの心臓」というくらい、ちーっちゃなことでも心臓バクバクしちゃう人。ちなみにそのDNAはそのまま私にも(笑)

私「来週帰るから、ひとりで。お母さんに言っといて」
父「ほぉ、kuniは?」
私「犬がいるし、とりあえず私だけでも帰ろうかな~と思って。またお母さんがいる時に電話するね」
父「わかった」

これで事が済むはずが無かった・・・・

そして、夜、母に電話をすると開口一番

母「なになに? 何があったの? あんた1人で帰って来るって言ったらしいけど、何があったの??」と質問攻め。。。

私「別に、wanがいてしばらく帰ってないし、kuniもそろそろ帰ってきたら?っていうから」

ここで、思いっきり胸を撫で下ろすとでも言いましょうか、緊張の糸が切れたとでも言いましょうか、そんな声で母が言いました。

母「いやー、いやー、1人で帰って来るっていうから、kuniちゃんとケンカでもして、別れるだのなんだのってなって、あんたが1人で相談に来るのかと思ったよ。何かあったんじゃないかと心配して、晩御飯も喉が通らなかったんだから」

そんなことだろうと思ってましたよ、母~~。血圧上がっちゃったね、母~~。

それからはイチから説明して納得してもらったような、まだ疑っているような感じの母。
それにこんな寒い時にわざわざ帰って来ることなんかないよ!と拒絶(笑)されてしまい、私もきっと母はそういうだろうな~と思ってました。

kuniが帰宅してその話をすると大笑いしてました。早速、明日の朝、ちゃーんと身の潔白の電話をすることにしました。

「実家に帰る」だけなのに、そこに「ひとり」って付くだけで、こんなにも心配されるのですな~。
血圧の高い母、象の体格ノミの心臓の母には、おちおち言えませんな、「ひとり」って言葉(爆)
Daysの関連記事

カテゴリ: Days

[edit]

Posted on 2008/02/01 Fri. 00:00    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

profile

いくつ?

new entry

カレンダー(月別)

category

comment

ご訪問ありがとうございます

My favorite

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。