FC2ブログ

Wan's Life

-kuni ash max と bun -

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

TOPIC

  • 2013年10月26日正午 ashが虹の橋を渡りました。

    生前仲良くして下さった皆様、本当にありがとうございました。

    ashという長男犬がいたことを、どうかいつまでも忘れないで下さることを願うばかりです。

    今後は、次男犬のmax どうぞ仲良くしてやって下さいませ。   kuni&bun&天国のash

 

アッシュの異変 その後 

1月18日(水)

朝一で私のMRI検査が入っていた。
アッシュがゴハンを欲しがらないので、様子は変だったけれど、2~3時間で戻って来れる予定だったので、心が痛んだけれど出かけた。

3時間後戻ってみると、いつもの元気なアッシュがいたので、ゴハンをあげたら、めちゃめちゃがっついた。

その後、2wanと一緒にゴロゴロしていた。

昨日までのアッシュは、たとえ固まったとしても30分くらいでいつものアッシュに戻っていたのに、今日は固まってる時間が長い。
というよりは、普通でいることが少ない。
寝ているような、でも、寝ていないうつらうつらしているようなアッシュの隣で、しばらく長い時間一緒に居て思ったこと。

正直、このまま深い眠りについて起きないのでは?!と何度も思った。それくらい移動しなかった。

夕方になり、いつもなら2wan揃って「ママちゃん、そろそろゴハンのお時間でしゅが?」と催促が始まるのに、それも今日はマックスだけ。
アッシュは、全くそんな素振りを見せない。

主人から連絡があり、やはり様子がおかしいので、急いで帰ってきてほしいと頼んだ。
そして「正直、どこが悪いのかわからないけれど、何となくだけど、今日の様子を見ていて、覚悟しないといけないかもしれない」と率直に話した。

主人が帰ってきた気配を感じたアッシュが普通に動いた!

ん?!今日、約一日見ていて、一番動いてるし、普通だ。

でも、それも一瞬で、その後も食事を欲しがらず、また固まってしまった。

2週続けて病院にも行き、検査もした。
もっと他の疑いがあるのか、私たちは夜、いろんな可能性を探り出した。

ツイッターで「アレルギーでは?」との情報を下さった友人がいた。

たしかにアッシュはアレルギー持ち。それにしばらく検査していない!!
それでは、土曜日に検査しに行ってみようということになり、リビングに布団を敷いて寝た。

備忘録:水は飲んだ 食事は朝のみ チッチは夕方に1回

カテゴリ: ashヘルニア

[edit]

Posted on 2012/01/18 Wed. 00:00    TB: --    CM: 0

動画:アッチュの異変 

こんな感じに、急に固まってしまうアッチュさんなのです(涙)
これは、13日の夜の動画です。


カテゴリ: ashヘルニア

[edit]

Posted on 2012/01/16 Mon. 00:00    TB: --    CM: 0

甲状腺機能低下症の疑い@アッチュ 

20120115.jpg
撮影:2012.1.14 病院にて

1月7日(土)

本当はこの日が一番変だったのかもしれない。

たまにはお散歩にでも連れて行こうと玄関から出すと嬉しそうに走り出すアッシュ。
マックスはパパちゃんに抱っこされたまま。
車道に出て、数メートル「ん??なんか擦れてる音がしない??」
歩いているのはアッシュだけ。
どこか引きずってる??
そして何度か歩いたり止まったりを繰り返し、音を確認しながら歩かせても引きずってないし、いつもと変わらないアッシュ。
でも、10メートルくらい行ったところで、やはり引きずってるというか擦れているような音がする。

せっかく外に出たからと思ったけれど、擦れてる音が気になったのと心配だったので、その場でアッシュも抱っこして帰宅。

爪を見ても、肉球を見ても、擦れてるところは見当たらない。

何だったんだろう、あの音は。でも、絶対に足が擦れてる音だったのに。。。

私達、マックスが擦れて歩くからか、こういう音には敏感すぎるくらい敏感。

その後、買い物に出かけながら2人で話したこと。

「きっと久しぶりのお散歩だから、肉球が赤ちゃんのように柔らかくなってるから肉球が痛かったのかな~」
「路面が冷たかったんじゃない?」
などなど推測できることは全部したけれど、どれもきっと当てはまって無いと思う。

買い物から帰宅しても、普段と変わらないアッシュに安心した。


1月8日(日)

朝、いつものようにゴハンをあげようとしたら、それまで駆け回っていたアッチュの様子が変。

いつもだったらサークルに入れても「早くゴハン食べさせるですー!!」と大騒ぎのはずなのに、サークルの隅で足をちぢこませて丸くなって動かないし、吠えないし。

ゴハンをあげるのをやめて、様子をうかがうも、やっぱり変。

でも、どこを触っても痛がらないし、マックスがヘルニアをやった時のようにハァハァしてるわけでもないし、でもやっぱり変。

マックスの場合は一発で「ガツン」とヘルニアをやってしまったので、その後はすぐに変化の違いに分かったけれど、アッシュの場合は、もしかしたらやっちゃったけど徐々に痛くなってるの?!?!?!

ということは、昨日の擦れた音、引きずるような音、あれは・・・
もう「ヘルニアだ!」が頭から離れません!!

時間は8時前前だったけど、マックスを手術してもらった病院の先生の自宅に電話しちゃいました。

すぐに出発。

というか、先生にお電話してる間に、いつものアッチュになってるし(汗)

お休みのところご無理を申して駆けつけて、レントゲン、血液検査をしてもらいました。

診断の結果、レントゲンも変化なし。。。
血液検査も「普通の犬より数値が全然いいんですよ~」

ん~、なんだったんだ。。。

とりあえず痛み止めをもらって帰宅。

1月10日(火)

朝、震えが止まらないアッチュ。
ワタシは前日から高熱が出ていたので、主人に会社を休んでもらいました。
ちょうど会社に行く寸前の助かった。








その後も、食前もあり、食後もあり、うまく説明できないけれど、プッツリと電池が切れたようになってしまうアッチュさん。

だいたい30分くらいすると、動き始まるパータン。

1月14日(土)

朝、5時ごろ気が付くと、やはり固まったアッチュさんがいた。

いつも行ってる近くの病院とも思ったけれど、正直、ここまで「変」が続くと、いろんな施設が整った先週お世話になったM市の病院へと、早朝出発。

どうせ病院に着いたら治っちゃうよね・・・と思ったけれど、行きの車の中でもやっぱり変。。。

病院に着いて、またまた早速、変です。

診察が始まって、前日の夜に動画に収めていた動画を先生に見せて、ここ一週間の様子を報告。

一番最初に言われたのは「甲状腺機能低下症」の疑いがあると言われました。

明日(16日)、結果のお電話をいただくことになってますが、それではなければMRIを撮るそうです。

ネットでいろいろと調べましたが、「食べても体重が増えない」「寝てばかりいる」など、「年のせい」にして気付かないことが多いそうで。

今は、明日の結果の電話がちょっと怖いけれど、どんな状況にせよ、前向きに取り組んでいきたいという思いだけはありますが・・・。

さて、どんな結果が出てくるでしょうか。

カテゴリ: ashヘルニア

[edit]

Posted on 2012/01/15 Sun. 00:00    TB: --    CM: 2

profile

いくつ?

new entry

カレンダー(月別)

category

comment

ご訪問ありがとうございます

My favorite

検索フォーム