Wan's Life

-kuni ash max と bun -

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

TOPIC

  • 2013年10月26日正午 ashが虹の橋を渡りました。

    生前仲良くして下さった皆様、本当にありがとうございました。

    ashという長男犬がいたことを、どうかいつまでも忘れないで下さることを願うばかりです。

    今後は、次男犬のmax どうぞ仲良くしてやって下さいませ。   kuni&bun&天国のash

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

ボタンはどこへ? 

事件は3月21日の朝、リビングで起きた。

着替えのためにリビングを後にした私。

グースカピースカ寝てるだろうな~と数分後リビングに入って見た光景は・・・

カーディガンのボタンを・・・、カーディガンのボタンを・・・、、、、、

食いちぎってるアチュ子を発見!!!!!

ガビーーーーーーーーーーーーン(@_@;)


急いで「ボタン、ボタン、ボタンはどこー」と叫びながら、探しましたが、4個取られたうちの2個が見つからず。。。
20120416.jpg
イタズラを発見されて、叱られると思ってるアチュ子に「食べた?ねぇねぇ、食べちゃったの?」と問いただしたところで「はいっ、ママちゃん、美味しくいただいちゃいました」と言うわけもなく、トホホ。


ちょうどワン友のワンちゃんも同じようなことをして、嘔吐、下痢等の体調不良の記事を読んだばかり。。。

血の気も引いて、嫌な汗かきながら、オット様に連絡。

すぐに吐かせるということも思いつかず、すぐに病院に連れて行くということも思いつかず。

本当に本当に食べちゃったのかが疑問で。。。でも、本当にボタンはどこにも無くて・・・。

本犬=アチュ子は至って普通で「ママちゃん、叱らないですか?だったら寝ますよ」のお顔。

とりあえず様子を見ようということになり、その晩からのウンPを毎回グニュグニュ観察。

すでに約ひと月が過ぎてますが、毎回のウンPを入念に調べても異変ナシ。

ついでに嘔吐も下痢もナシ。元気でもなくなれば別ですが、元気あり過ぎ(^_^;)

そして、一昨日、狂犬病の接種のために病院に行った際に、先生に写真を見せたところ、X線で調べてみましょうということになりました。

結果、ありがたいことに、どこにも写ってませんでした!!!

金属が付いているので、あれば必ず写るそうですが、摩訶不思議というか、安心というか。

で、ボタンは何処へ?!?!?!

下痢も嘔吐も無かった約3週間、ウンPも入念チェックしてたのに、どうやって外部に出たんだ?

まあ、結果良しで良かったけれど、それにしてもこのイタズラアチュ子はいつまでイタズラが続くのでしょうか。。。

だってぇ、数日前も私のストッキングでイタズラしてましたから、汗。
スポンサーサイト

カテゴリ: 病院@2wan

[edit]

Posted on 2012/04/16 Mon. 00:00    TB: --    CM: 2

病院を変えて思ったこと 

さて、今年に入り、2wanさんの病院を変えました。
そのことについて、改めて書こうと思います。

わが家では今まで「こんな時はここの病院」というものがありました。

1.ヘルニアで手術を要する時の病院
2.歯で何かあった時は、獣医歯科認定専門医の病院
3.ワクチン接種・狂犬病の注射・フィラリアのお薬・その他でお世話になってる病院

1と2は同じ病院で、今の家からは遠いです。
3の病院は、比較的近いです。

本当でしたらこんなに分けなくても1つの病院でいいと思います。

しかし、わが家の場合は、マックスが今から5年半前にヘルニアのレベル5を発症した時に転院を勧められた先の病院をもっとも信頼しているので、このようになっています。

また、その病院には常駐ではありませんが獣医歯科認定専門医がいるので、全身麻酔のリスクを考えると一度、二度と麻酔をしたことのある病院のほうが安心してお願いできます。

では、今回、どうして病院を変えたのか。

当然、素人の私達でもヘルニアで手術を要するような状態でしたら、1番の病院へ直行していたかもしれません。
実際に1月8日(日)と14日(土)には向かいましたし。

でも、1月19日(木)の段階で、もっと近くでも、セカンドオピニオン的なことをしてもいいのではないか?ということになりました。

そして、いざ病院を探すのに、ただ単に有名な病院がいいのか?と様々検討しました。

これは私達の見解ですし、うまく表現できませんが・・・

・有名な病院じゃなくてもその先生の経験値だったり、信念みたいなもの
・固定観念を持っていないこと
・欲を言えば、共働きなので、できれば土日もやっていて下さると助かる

これが私達には大事かなと思いました。

そして、知人に聞いたりせず、自分達で病院をネットで探しました。

まぁ、ネットで探すというのもどうかと思いましたがそれしか手立てが無く、また、改めて言うのも変ですが、アッシュ、マックスは、自分達にとってかけがえのない存在です。ですから、その2wanのことを一番に思い、探したかったのです。

朝、アッチュさんを病院へ連れて行こうと思った時点からネットでいろいろと探しました。

少し前から気になる病院はあったのですが、残念ながらその日はお休み・・・。
それならば、その病院にリンクしている病院はどうなんだろうと辿ったところにある病院がありました。

当然ホームページにはいいことばかり書いてあるのはわかっておりましたが、自分達のカンと言ったら語弊がありますが、それを頼りに行くことに決めました。

それが、この時の信頼(リンクへ飛びます)へと繋がっていきました。

今、言えることは、本当にこの病院に巡り合えてよかったということです。

それは、私達が思っていた犬の飼い方の固定概念を丁寧に正確に訂正していってくれていることです!!

その変化については、また改めて書きたいと思います。

カテゴリ: 病院@2wan

[edit]

Posted on 2012/02/23 Thu. 00:00    TB: --    CM: 4

縫い直し@マックス 

やっぱり・・・、でした、ガーン。
マーちゃんのことだから、ガジガジしちゃうかな~とちょっとだけ心配していたのですが、昨日の去勢手術後の糸をガジっと一か所やっちまいました(T_T)

本犬は痛くも痒くもないのでしょうが、やはり病院へ連れて行った方がいいということになりました。

こんな時、日曜日も診療して下さっていると安心です^^

「やっちゃいましたね~。4~5日経っていればいいのですが、昨日の今日なので、縫い直ししましょう」ということで奥に連れて行かれました。

一瞬「ヒェーーーーーッ(@_@;)」という声が聞こえましたが、それがマーちゃんかどうかは定かではございませんが、おそらくマーちゃんかと、汗。

キレイに縫い直してもらいました。

そして、やはりお留守番中や寝ている間も安心できないので、マーちゃんにはストレスかもしれませんが、私達の判断でエリザベスをしてもらうことになりました。

マーちゃん、縫い直しよりいいでしょ?(*^_^*)

カテゴリ: 病院@2wan

[edit]

Posted on 2012/02/19 Sun. 00:00    TB: --    CM: 0

診察・お薬 アッシュ③ 

今日からお薬が3日おきに変更です。
2月18日から1カ月分

 3日置き 朝  ■プレドニゾロン(消炎鎮痛剤)

 3日置き 朝・晩  ■チスタメット(胃薬)(プレドニゾロンを内服した日に内服)

 毎日 朝・晩  ■アソチン(ビタミン剤)


カテゴリ: 病院@2wan

[edit]

Posted on 2012/02/18 Sat. 00:03    TB: --    CM: 0

去勢手術@マックチュ 

マックチュが去勢手術をしました。

当初は、アッチュに続けて・・・のつもりでしたが、アッチュの去勢手術の時に麻酔からの回復が良くなかったので、しばらく時間をあけてやりましょうということになってました。(過去の病院にて)

ところが、今年になって、本当にわが家は厄年?というくらいどんどんいろんなことが起こってしまい、マックチュの去勢手術どころではなくなっていたのです。

でも、アッチュのヘルニアのことで思い切って病院を変えて、その病院が本当に自分達のスタンスにピッタリマッチして、今後はこの病院でお世話になりたい!と思ったので、アッチュの診察の時にマックチュの去勢のことも相談して「2月18日に手術決定!」と相成りました。

とうとうマックチュも去勢です!!

前日の夜は8時前に食事を済ませ、タマタマさんの記念撮影(笑)
20120218-1.jpg

ボクからアタチになるの?
本当はふさふさの毛におおわれているはずのタマタマさんですが、1月28日の診察の時に湿疹があったため、赤ちゃんポンポになりました。
20120218-2.jpg

朝、10時過ぎに病院に預けて、それから血液検査等をして異常が無かったら午後手術。
異常があれば手術は中止を言われていましたので、しばらく駐車場で待機しておりましたが、連絡が無かったのでお家に帰りました。

無事に麻酔から覚めて、夕方6時半にお迎えに来てくださいとご連絡をいただき、お迎えに行きました。

アッチュの時は、テーピングのようなものでグルグル巻きでしたが、マックチュは小さな絆創膏だけでエリザベスもストレスになるのでしなくていいと言われ、そのまま。

また、アッチュの時には見たことが無かった、手術前から終了までの一通りのお写真。
そして、取ってしまったブツ(タマタマさん)も見せていただきました。

こんなところにも、飼い主が知りたい情報をひとつひとつ丁寧に説明をして下さる配慮が感じ取れました。

そして究極は、マックスの血液検査の結果等の話をした時に、S先生から目からウロコとでも言いましょうか、私達には驚きとでも言いましょうか、言われてみればその通り!!のお話を伺いました。

きっと、他の飼い主さんは、そんなことは知ってるわよ! そんなこと当たり前だわってことかもしれませんが、私達には未知の話でした!!

うん!!やっぱりこの病院にして良かったと改めて思いながら家路に着きました。

 ■ 去勢手術代
 ■ 追加レントゲン照射
 ■ 血液生化学検査12項目(スクリーニング)


今日からお薬1日2回です。
2月18日から5日分
 毎日 朝・晩  ■パセトシン(抗生物質)

カテゴリ: 病院@2wan

[edit]

Posted on 2012/02/18 Sat. 00:00    TB: --    CM: 0

profile

いくつ?

new entry

カレンダー(月別)

category

comment

ご訪問ありがとうございます

My favorite

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。